ヘアを変えた、メガネを変えた、気分が変わった vol.2

Fashion

ヘアを変えた、メガネを変えた、気分が変わった vol.2

2016.10.12

メガネやヘアスタイルは、顔立ちや印象のイメージチェンジを気軽に楽しむことができるもの。トレンドのヘアカラーにしてみたり、いつもと違うタイプのメガネを選ぶなど、ちょっとした変化を取り入れれば、自分の新しい魅力に気づくきっかけになるはず。個々の魅力を見つけ出すプロフェッショナルであり、人気ヘアスタイリストでもある安斎由美さんがメガネの選び方をご紹介します。

ドライなゆるめロングヘア×ピンクのウエリントンフレーム
hairstyle02_img1.jpg

「ドライな質感がカジュアルなロングヘアスタイルは、ヴィンテージ要素のあるウェリントンフレームとの相性がすごくいいんです。シーズンレスに使える定番の形なので、あえて個性的なカラーフレームを選びました。ヘアカラーと同系色のスモーキーピンクを合わせることで、女性らしい柔らかさが演出されています」




華やかなマットウェーブスタイル×クラシックなラウンドフレーム
hairstyle02_img2.jpg

「太めのコテを使い、トップから巻いた華やかなウェーブスタイルには、あえてクラシックなタイプを選びトレンド感を出しました。顔立ちや表情に変化がでやすいラウンドフレームに、知的な女性らしさを引き立たせるための極細のリム、そして肌馴染みの良いデミ柄を選ぶのがポイントです」




編み込みアレンジ×サーモントのボストンフレーム
hairstyle02_img3.jpg

「ショートバングの編み込みスタイルはどうしても幼さやレトロ感が出てしまいます。そこでセルとメタルのコンビネーションのサーモントタイプをかけることで、知的な印象が加わり、モダンな雰囲気に仕上がります。ヘアのポイントは顔周りの髪の毛にニュアンスを残すこと。メガネが全体に馴染み、バランスがよくなります」




ヘアスタイルを変え、メガネを変えるだけで、外見的な印象だけでなく、自身の気分転換にもなります。今回モデルとして出演してくれた大久保さんも、ヘアスタイルやメガネが変わると、まったく違う表情になっていました。特に幼く見えるため、今まで避けていた編み込みのヘアスタイルは、サーモントタイプのメガネを合わせることで、ぐっと知的な雰囲気が加わるという安斎さんの提案に驚いていました。天気や気分などによって服を着替えるように、気軽に変えることができるヘアスタイルやメガネ。ぜひ参考にしてください。


hairstyle01_img4.jpg
【hairstylist profile】
代官山のヘアサロン「ショスピエ アン レントン」オーナーの安斎由美さん。安斎さんが作り出すヘアスタイルはコンプレックスを隠すのではなく、骨格や顔立ち、そしてファッションをも含めたトータルで新たな魅力を引き出していきます。

CHAUSSE-PIED EN LAITON
TEL:03-6452-5295
ADRESS:東京都渋谷区恵比寿西2-17-17 1F
HP:http://chausse-pied.jp/



【Staff credit 】
Hair make:Yumi Anzai
Photography:Takao Iwasawa
Model:Yukako Ohkubo
Text:Konomi Sasaki(kontakt)