2016 FW NEW FOUNDATION〜Eyewear×Fashion vol.2〜

Fashion

2016 FW NEW FOUNDATION
〜Eyewear×Fashion vol.2〜

2016.12.14

精密さの中に、強さのあるミニマリズムの追求、都会的な機能性を備えたアーバンベーシックス、モダナイズされたヴィンテージと洗練されたエレガンス、それらをJINSにおけるスタンダードとして、新たなスタイルを提案いたします。



Trend Frame×Cool
Trend Frame×Cool

少し辛口なスタイルにはメガネの色や柄に可愛さのあるものを選ぶとベスト。それだけでハードな雰囲気が柔らかい印象になります。ライダーズジャケットをはじめレザーアイテムは今季、見逃せません。ライダーズジャケットはボトムスがスカート、パンツを問わず、マストで取り入れたいアイテムです。大切なのは全身をブラックにするのではなく秋冬らしいボルドーやテラコッタといったこっくりとした濃密な色使いを取り入れることです。

着用アイテム:LMF-16A-262 91 ¥9,900(+税)



Trend Frame×Cool
Trend Frame×Cool

【point1】繊細なリムがクールなコーディネートにマッチ
上が多角形で下が丸いフレームの凝ったデザインが、クールなコーディネートに好相性。ライダースジャケットはコンパクトなサイズ感を選ぶのがポイントです。

【point2】色や柄を使用してレザーの印象を和らげる
色や柄が特徴的な可愛いフレームやボトムを選ぶことでレザーの印象が和らぎます。このメガネはリムの上半分にアニマル柄を思わせるプリントが。細身のメタルフレームにさりげなく施されたデザインが特徴です。



Matte Frame×Mannish
Matte Frame×Mannish

細身でペールトーンのメガネを選べば、強すぎる女性に見えることをさりげなくカバーしてくれます。去年から人気のあるセットアップ。組み合わせのバリエーションは様々ですが、そのなかでもマニッシュつまりメンズライクなジャケット&パンツのセットアップがトレンドとなっています。ただし、より進化した今季のマニッシュは、そのなかにも着こなしやヘアスタイルなどで少しフェミニンな要素を忍ばせておくのが鍵。

着用アイテム:MCF-16A-266 91 ¥9,900(+税)



Matte Frame×Mannish
Matte Frame×Mannish

【point1】着こなしとフレームを同系色に
フロントの正面だけがマットなグレーで、側面からちらりとゴールドカラーが顔をみせるメガネとグレイッシュなセットアップに光沢のあるメタリックな質感のインナー。同系色で合わせるととても馴染みます。

【point2】マニッシュなスーツには華奢なフレームを
華奢で繊細なフレームでマニッシュなスーツの強さをほんのりと和らげられます。インナーにはレースと無地を切り替えたエレガントなノースリーブでメガネと同じく女性的なニュアンスを。



【Staff credit 】
監修 : 村山佳世子
スタイリスト。女性誌を中心にカタログ、広告などの分野で活躍中。トラッドやメンズライクなスタイルに女性らしさを、ほどよく取り入れたスタイリングを得意とする。