メガネを100%着こなすメイク〜ウエリントン型編〜

Fashion

メガネを100%着こなすメイク
〜ウエリントン型編〜

2017.05.24

欲しいメガネを見つけた時、「このタイプは私には似合わないから...」と諦めたことありませんか?洋服と同じように、似合うメガネを選ぶためのポイントはたくさんありますが、メガネはメイクの色合わせや質感を工夫することで、誰でも手軽に着こなすことができるんです。年齢や性別を超えて人気のある「ウエリントン型メガネ」を着こなすためのポイントを、人気ヘアサロン《MANHOOD》のクリエイティブディレクターであり、ファッションブランドのヘアメイクとしても活躍するAIさんがご紹介します。


Point 1:メンズライクなウエリントン×丸く入れたチーク
makeup03_img1.jpg
makeup01_img1.jpg

存在感のあるウエリントンをかける時、普段のチークの色や入れ方だと少し派手に見えてしまうことがあります。コーラル系のチークなら、肌馴染みが良く、自然な血色感が出るのでメガネとも好相性です。また、知的さやメンズライクな印象を持つウエリントンには、台形のフレームに対して丸くチークを入れて、女性らしい柔らかさを取り入れるのがおすすめです。



Point 2:光を取り込む透け感フレーム×透明感際立つハイライト
makeup01_img2.jpg
makeup01_img1.jpg

フレーム越しに肌が見えるクリアフレームには、肌に透明感を出してくれるハイライトを仕込むことで、よりメガネの魅力を引き立たせる効果があります。また、クリアフレームは頬骨の一番高い位置にハイライトをのせてもツヤが透けて見えるので、正面と横顔のどちらから見ても肌の透明感を強調してくれます。



Point 3:クリーンな表情が引き立つクリアフレーム×ナチュラルなぷっくりリップ
makeup01_img3.jpg
makeup01_img1.jpg

チークやハイライトと同様に、クリアフレームにはリップもナチュラルな透明感の出るものを選択。もともとの唇の色に近い、コーラル系ピンク味のあるベージュカラーのグロスなら、さりげないツヤ感が口元に自然な存在感を出してくれます。唇の中央からサイドに向かって徐々に広げるように塗ると、ぷっくりとした立体感のある、女性的な唇に仕上がります。



hairstyle5_img1_3.jpg



「クラシックやカジュアル、知的さやオシャレ感などフレームの色や大きさによって様々なシーンに対応するウエリントン。かけることでがらっと印象を変える存在感のあるメガネだからこそ、メガネに合わせてメイク方法を変えることが出来ればファッションの幅がぐっと広がると思います。クリアフレームは一見合わせるのが難しく感じてしまうかもしれませんが、暖かい春や夏の季節には特にぴったりのタイプなので、ぜひ挑戦してみてください。」



makeup01_img4.jpg
【stylist profile】
AI
「アート・ファッション・ヒトをつなげたい。」という思いから生まれた、青山のヘアサロン「MANHOOD」のクリエイティブディレクター。その人の持つ魅力やライフスタイルに寄り添い、女性的な柔らかさと一歩踏み込んだ芯のある女性像をヘアスタイルで表現する。サロンワークのほか、ヘアメイク、ZINEの制作、様々なクリエイターとのfashion issueの制作など幅広く活躍する。

【salon infomation】
MANHOOD
TEL:03-6432-9775
ADDRESS:〒107-0062 東京都港区南青山3-10-12 B1F
HP:http://manhood.jp
※土・日は系列店「LAURUN」にて営業

【Staff credit 】
Hair & Make:AI
Photographer:Yuri Hanamori
Text:Konomi Sasaki