ヘアを変えた、メガネを変えた、気分が変わった vol.7

Fashion

ヘアを変えた、メガネを変えた、気分が変わった vol.7

2017.09.06

基本的に化粧をする機会のない男性にとって"イメージチェンジ"といえば、洋服やヘアスタイルを変えるのがほとんどだと思います。しかし、そこに『メガネ』という選択肢を取り入れるだけで、変化の幅が広がるだけでなく、より気軽なものになるでしょう。今回は、数々のファッション誌で活躍する人気ヘアスタイリストの吉田太郎さんが、ヘアスタイルにあったメガネの選び方を紹介します。



手ぐしアレンジ×メタルのラウンド
hairstyle5_img1_1.jpg
hairstyle5_img1_2.jpg

「メタルのラウンドは、かっちりとしたスタイリングに程よい抜け感を出してくれます。ジャケットに柄物のネクタイを合わせた男らしいクラシックなスタイリングも、優しい印象になりますよね。そこで、髪型もジェルワックスを使って手ぐしで整えただけの、シンプルで決めすぎないスタイリングにしました。フレームはできるだけ細いタイプを選ぶのがポイントです。フォーマルなレストランへのお出かけなどにおすすめしたいです」

hairstyle5_img1_3.jpg





質感のあるセンターパーツ×太めのラウンド
hairstyle5_img1_1.jpg
hairstyle5_img1_2.jpg

「太めのラウンドは、ヒョウ柄など一見アクの強い柄物アイテムとの相性は抜群です。シアバターなどオーガニック系のスタイリング剤を使用し、遊び心のある前髪のセンターパーツに、今っぽい雰囲気の質感に仕上げました。個性の強いアイテムもヘアスタイルやメガネの組み合わせ方次第で、バランスよくおしゃれに取り入れることができます」

hairstyle5_img1_3.jpg





ウェットなリラックスヘア×べっ甲柄のウエリントン
hairstyle5_img1_1.jpg
hairstyle5_img1_2.jpg

「ブラウン系のフレームは肌馴染みが良いので、ナチュラルで柔らかい印象になります。そこで、髪の毛もシャワーを浴びたばかりの様なウェットな質感でリラックスしたスタイリングにしました。前髪も下ろすことで、さらに優しい雰囲気になりますよね。写真のメガネはテンプル部分が太いため、ゆったりとした着用感に。休日スタイルにオススメしたいです」

hairstyle5_img1_3.jpg





フォーマル、リラックス、遊び心のあるスタイルなど、3つのメガネとヘアスタイルの変化に加え、スタイリング剤でヘアの質感を変えるなど、簡単に取り入れられそうなポイントを教えてくださった吉田さん。メガネとヘアのチョイスを変えるだけでファッションのムードもガラッと変わり、おしゃれをもっと楽しめそうですね!





hairstyle03_img4.jpg
【hairstylist profile】
吉田太郎
ファッション雑誌、カタログからアーティストまで幅広い分野で活躍する、人気ヘアスタイリスト。
HP:https://www.taro-yoshida.com/



hat2_img1_1.jpg
ワコマリアのジャケット¥62,000、パンツ¥25,000、シャツ¥20,000、ネクタイ¥10,000(すべてパラダイス トウキョウ/tel.03-5708-5277)

hat2_img1_1.jpg
ワコマリアのシャツ¥27,000(パラダイス トウキョウ/tel.03-5708-5277)、ワンズストロークのパンツ¥16,000(ワンズストローク/tel.03-6712-7688)その他スタイリスト私物

hat2_img1_1.jpg
リパーパスのスモック¥35,000、オーラリー×レショップのカットソー¥6,800、ムンダカ スポーツウェアのパンツ¥15,000(すべてレショップ/tel.03-5413-4714) その他スタイリスト私物

【Staff credit】
Hair make:Taro Yoshida
Photography:Dai Yamamoto
Stylist:Yosihiro Fukami
Model:Ei Kaneko
Text:Runa Anzai(kontakt)