スタイルのあるメガネ 〜ヴィンテージショップ編 VOL.1〜

Fashion

スタイルのあるメガネ 〜ヴィンテージショップ編 VOL.1〜

2018.05.02

ダブルブリッジやハーフリムなど、どこか昔ながらのディテールやビジネスシーンのイメージが強い個性的なメガネたちも、メガネのポテンシャルを引き出すことで唯一無二のスタイルが生まれます。そんな個性的なメガネを愛するヴィンテージショップで働くスタイルのある人たちが"ダサカッコいい"メガネの使い方を教えてくれました。

ティアドロップ風スモーキーフレーム
style_img1_1_pc.jpg
style_img1_1_sp.jpg
style_img1_2.jpg
style_img1_3.jpg

「60年代の古着が好きです。他の年代に比べるとジャケットのラベルが細かったり、スマートで独特の色気を感じるんです。VELVETというショップでも、色気を感じるような洋服やアクセサリーを中心に展開しています。このティアドロップ風のメガネにも色気を感じます。それと同時に60年代や70年代に通じるレトロな雰囲気が漂っているのも好きです。色も真っ黒ではなく、スモーキーなクリアフレームというところがポイントで、デザインのクセが強くても顔にすっと馴染んでくれますね」

着用アイテム:Airframe -Trend Shape- 5,000円(+税)




ダブルブリッジのチタンフレーム
style_img2_1_pc.jpg
style_img2_1_sp.jpg
style_img2_2.jpg
style_img2_3.jpg

「普段からカラーレンズのメガネやサングラスなどを、アクセサリーとかメイクアップのアクセントとして身につけています。お化粧と同じで、無いと寂しく感じてしまうこともあるくらい。ファッションアイコンは、ビヨンセやリアーナ、それに昔のブリトニー・スピーアズとか、ヒップホップがベースのファッションが好きです。そんな私のスタイルには、いわゆる普通のメガネでは負けてしまうので、あえて印象強いデザインのモノを足し算で。例えばこのダブルブリッジのメガネも、大きめのメンズフレームで色はゴールドを選んで、BLING-BLING(ブリンブリン)な感じで目元のファッションを楽しんでみました!」

着用アイテム:All Titanium 12,000(+税)




ビッグスクエアフレーム
style_img3_1_pc.jpg
style_img3_1_sp.jpg
style_img3_2.jpg
style_img3_3.jpg

「髪の色もアイテムも、できるだけ色を取り入れたファッションが自分らしいスタイルだと思っています。どこか変な服が好きだし、変な服を着ている自分も好き。メガネもアイテムとして大好きです。友達からは"うさんくさい"とか言われたりするけど(笑、自分が心地いいとか気分が上がるものを身につけているだけなので全然気にならないですね。このメガネは、ビッグスクエアなフォルムにクリアフレームというデザインが好きです。透明なプラスチックのケミカルな感じが今の気分ととてもマッチしています」

着用アイテム:Airframe -Trend Shape- 5,000円(+税)




今回ご紹介したメガネのように、一見クラシックなデザインや特徴的なディテールを持つメガネも、自分のスタイルと気分に合わせることで、オリジナリティー溢れる新鮮な印象になりますね。皆さんもファッション感覚でメガネを楽しんでみてはいかがでしょうか。





【Staff credit 】
Photography Nobuko Baba
Text Takuhito Kawashima(kontakt)