メイクアップアーティスト直伝! メガネに合うポイントメイク 〜チーク編〜

Fashion

メイクアップアーティスト直伝! メガネに合うポイントメイク 〜チーク編〜

2018.07.25

メガネをかける時、洋服やヘアスタイルは意識するけれどメイクはいつもと同じ...という方も多いのでは? メガネをかけるとフレームによっては目元が強調されるため、忘れがちな『部分メイク』が実はとても重要。メガネに合わせてメイクにも特徴を出すことで、より印象的なスタイルに仕上げることができるんです。今回はメガネに合うチークメイクを、メイクアップアーティストの仲嶋洋輔さんにご紹介していただきます。メガネ女子必見の技ありチークメイクも伝授して頂きました!

落ち着いた色味でシャープに魅せる
cheek_img1_1_pc.jpg
cheek_img1_1_sp.jpg

着用モデル:Wide Rim Metal ¥8,000(+税)


cheek_img1_2_pc.jpg
cheek_img1_2_sp.jpg

着用モデル:Combination Acetate ¥8,000(+税)

「落ち着いた印象に魅せるなら、深みのあるブラウンやワインカラーのスクエアタイプのメガネをチョイスして、フレームと同系色のブラウンベーシュのチークをシャープに入れて、キリッと仕上げるのがおすすめ。特にビジネスシーンなど、フォーマルな場面に似合うメイクとメガネの合わせ方です。」

cheek_img1_3_pc.jpg
cheek_img1_3_sp.jpg





明るい色味を合わせて健康的な印象に
cheek_img2_1_pc.jpg
cheek_img2_1_sp.jpg

着用モデル:AirFrame ¥4,000(+税)


cheek_img2_2_pc.jpg
cheek_img2_2_sp.jpg

着用モデル:Bicolor Airframe ¥8,000(+税)

「明るい印象になるクリアピンクのスクエアや、ペールオレンジのウエリントンと相性が良いのは、同じように明るいオレンジのチークです。オレンジのチークは若干強めに入れることで、カラーフレームの印象とかさなりアクティブな仕上がりになります。普段使いはもちろん、リゾート感のある装いに合わせるのもおすすめです。」

cheek_img2_3_pc.jpg
cheek_img2_3_sp.jpg





ブラウンとピンクでベストバランスを手に入れる
cheek_img3_1_pc.jpg
cheek_img3_1_sp.jpg

着用モデル:Trend Shape Airframe ¥5,000(+税)


cheek_img3_2_pc.jpg
cheek_img3_2_sp.jpg

着用モデル:JINS CLASSIC -Bold Acetate- ¥5,000(+税)

「存在感のあるブラウン系のウエリントンやボストンには、ピンクのチークをチョイス。ブラウン系のフレームはお顔が引き締まった印象になるので、柔らかいピンクのチークを合わせてバランスを取るのがおすすめです。カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンに合わせやすいのもポイントです。」

cheek_img3_3_pc.jpg
cheek_img3_3_sp.jpg





お気に入りのメガネに合わせてチークの色や入れ方を少し工夫するだけで、毎日のオシャレをもっと楽しめる仲嶋さんのワンポイントメイクは、気軽に取り入れられるのが嬉しいですね。みなさんも是非、仲嶋さんがおすすめするメガネとチークのメイク術に挑戦してみてください。




profimg.jpg
仲嶋洋輔
1984年3月、千葉県出身。カーメカニックを経て、2006年にヘアメイクに転身。 2014年に渡英後は、ルーシー・ブリッジ氏に師事。帰国後、hiro TSUKUI氏に師事し、 東京をベースに、様々なファッション雑誌や広告などで活躍中。



【Staff credit 】
Make up: Yosuke Nakajima
Photographer: Tetsuya Maheraha
Model: Leanne
Edit: Runa Anzai (kontakt)