メガネで作る秋コーデ 〜メンズ編〜

Fashion

メガネで作る秋コーデ 〜メンズ編〜

2018.10.03

季節の変化に合わせて、服や小物もトレンドを意識したコーディネートにしたいですよね。流行のクラシックな雰囲気をモダンにアップデートしたJINSのメガネを使って、スタイリストの深海佳宏さんに最旬のスタイルサンプルをご提案いただきました。 数々のファッション誌や有名俳優のスタイリングを手がける深海さんおすすめのファッションと、メガネの組み合わせ方をご紹介します。

ゴールドのアクセントで上品に魅せる
style1
style1

「コンビネーションエアフレームのウエリントンとネイビーのセットアップを合わせた、秋口におすすめのスタイルです。フランネル生地のセットアップはフォーマルな印象もありつつ、ウールに比べると表情も豊かでさらっと着用できるアイテム。インナーのカットソーに加え、ゴールドのテンプルが印象的なメガネを合わせることで、堅苦しさを感じない品のあるスタイリングの完成です」

style1
style1

着用モデル:Combination Airframe ¥12,000(+税)







クリアフレームでニットもすっきりと
style2
style2

「ラージサイズでクリアのウエリントンは、テンプルに施されたゴールドの芯がモードな雰囲気を演出しています。長めのネックが特徴的なタートルネックニットも、クリアフレームと合わせることで重く見えずに、すっきりとした印象に。足元にはスニーカーを選択。カジュアルダウンすることで、全身のバランスを整えました」

style1
style1

着用モデル:Acetate&Metal ¥12,000(+税)







秋だからこそ取り入れたいアースカラー
style2
style2

「ダークブラウンササのブロウは、秋らしさを存分に引き出してくれるアイテムです。ゆったりとしたサイズ感のベージュのコートとブラウンのコーデュロイのパンツは、メガネと同じ茶系のトーンで合わせました。コンビネーションアセテートがほどよく知的な印象を与えつつ、余裕のある大人の休日感を演出してくれています」

style1
style1

着用モデル:Combination Acetate ¥12,000(+税)







古典的なウエリントンで知的に
style2
style2

「存在感のあるロングコートには、同じくらいインパクトのある大ぶりのウエリントンがおすすめです。グレーデミのフレームの重すぎない絶妙なカラーリングが、より一層秋らしさを感じさせてくれます。千鳥柄のスラックスも重厚感のあるアイテムと合わせることで、すっきりと上品に取り入れることができます」

style1
style1

着用モデル:Combination Acetate ¥12,000(+税)







深海さんにご提案いただいた最旬のスタイリングは、様々な場面で取り入れられそうですね。今回ご紹介したメガネは、お近くのJINSのお店やオンラインショップでお求めいただけます。季節の変化に合わせてメガネを着替えるのも、ファッションの楽しみ方の一つです。みなさんもぜひ自分のスタイルに合うアイテムを探してみてください。次回、ウィメンズ編をご紹介します。




コーディネート1
オーラリーのジャケット¥67,000(オーラリー/tel.03-6427-7141) / オーラリーのパンツ¥38,000(オーラリー/tel.03-6427-7141)カットソー、シューズはスタイリスト私物

コーディネート2
オーラリーのニット¥38,000(オーラリー/tel.03-6427-7141)パンツ、シューズはスタイリスト私物

コーディネート3
オーラリーのシャツ¥23,000(オーラリー/tel.03-6427-7141) / オーラリーのパンツ¥29,000(オーラリー/tel.03-6427-7141) / オーラリーのコート¥95,000(オーラリー/tel.03-6427-7141)シューズはスタイリスト私物

コーディネート4
クリスタセヤのコート¥250,000(レショップ/tel.03-5413-4714) / カイコーのタートルネック¥00,000(Peel PR/tel.03-6434-1368) / ベルナールザンスのパンツ¥36,000(レショップ/tel.03-5413-4714)シューズはスタイリスト私物



【stylist profile】
深海佳宏
メンズ・レディース問わず主にタレントのスタイリングを手がける。カラーアイテムを使ったスタイリングやソリッドなスタイリングを得意とする。

【Staff credit 】
Photography: Tetsuya Maehara
Styling: Yoshihiro Fukami
Hair and Make up: Yosuke Nakajima
Text: Runa Anzai (kontakt)