メガネで作る秋コーデ 〜ウィメンズ編〜

Fashion

メガネで作る秋コーデ 〜ウィメンズ編〜

2018.10.15

季節の変化に合わせて、服や小物もトレンドを意識したコーディネートにしたいですよね。流行のクラシックな雰囲気をモダンにアップデートしたJINSのメガネを使って、スタイリストの深海佳宏さんに最旬のスタイルサンプルをご提案いただきました! 数々のファッション誌や有名俳優のスタイリングを手がける深海さんおすすめのファッションと、メガネの組み合わせ方をご紹介します。

大人のエレガンスはシャープに魅せて
style1
style1

「シャープな印象を与えるバイカラーのメタルフレーム。細身で掛けやすく、エレガントな装いにもぴったり。秋冬の定番アイテムとも言えるチェスターコートとの相性もいいアイテムです。インナーやアンクルブーツなど全体的に無地で統一しまとまりを出しつつ、アクセントとして柄が特徴的なレザースカートを取り入れています。コンサバをベースに嫌味のない華やかさをプラスしたコーディネートです」

style1
style1

着用モデル:Bicolor Metal ¥8,000(+税)







ローズレッドとトレンチコートで感じる秋
style1
style1

「華奢なシルエットで顔なじみの良いフォックスとベージュのトレンチコートを合わせた、秋らしいコーディネートです。アシンメトリーのデザインが目を引くブラックのスカートも、深みのあるローズレッドのメガネを選ぶことで全身のカラーバランスを整えつつ、目元のアクセントになっているゴールドのテンプルも上品で魅力的です」

style1
style1

着用モデル:Bicolor Metal ¥6,000(+税)







秋のカジュアルは色合わせを楽しんで
style1
style1

「大人の休日を意識したコーディネート。トップスにはデニムジャケットと白のタートルネック、ボトムスにはベージュのスカートにブラウンのパンプス。リラックスした印象を与えるカラーコーディネートに、ネイビーのボストンフレームを合わせることで、ちょっとエレガントな秋のカジュアルスタイルの完成です。メガネのゴールドのブリッジが、知的感もアップしてくれます」

style1
style1

着用モデル:Combination Airframe ¥6,000(+税)







メタルが叶える最旬スタイル
style1
style1

「今季のトレンドアイテムとして注目されているメタルフレームは、レザーのライダースジャケットやベロアのブラックスカートでモノトーンに整え、クールなスタイリングにしました。レザーのライダースジャケットは合わせるメガネが難しいのですが、実はラウンドのメタルフレームとの相性は抜群。ボルドーとゴールドのバイカラーが全体をソフトな印象に仕上げてくれます」

style1
style1

着用モデル:Bicolor Metal ¥8,000(+税)







深海さんにご提案いただいた最旬のスタイリングは、カジュアルからフォーマルまで様々な場面で取り入れられそうですね。今回ご紹介したメガネは、お近くのJINSのお店やオンラインショップでお求めいただけます。季節の変化や毎日のスタイルに合わせてメガネを掛け替えるのも良いですね。みなさんも是非自分に合うアイテムを探してみてください。




コーディネート1
ユナイテッド トウキョウのコート¥27,600(ユナイテッドトウキョウ 新丸ビル店/tel.03-6273-4944)/アレキサンドラ ゴルバノフのニット¥52,000(レショップ/tel.03-5413-4714)スカート、シューズはスタイリスト私物

コーディネート2
ユナイテッド トウキョウのコート¥25,000(ユナイテッドトウキョウ 新丸ビル店/tel.03-6273-4944)ニット、スカート、シューズはスタイリスト私物

コーディネート3
セブンバイセブンのデニムジャケット¥42,000(レショップ/tel.03-5413-4714) / ユナイテッド トウキョウのスカート¥18,000(ユナイテッドトウキョウ 新丸ビル店/tel.03-6273-4944)ニット、シューズはスタイリスト私物

コーディネート4
ユナイテッド トウキョウのライダースジャケット¥39,000(ユナイテッドトウキョウ 新丸ビル店/tel.03-6273-4944)/アレキサンドラ ゴルバノフのニット¥52,000(レショップ/tel.03-5413-4714)スカート、シューズはスタイリスト私物



【stylist profile】
深海佳宏
メンズ・レディース問わず主にタレントのスタイリングを手がける。カラーアイテムを使ったスタイリングやソリッドなスタイリングを得意とする。

【Staff credit 】
Photography: Tetsuya Maehara
Styling: Yoshihiro Fukami
Hair and Make up: Yosuke Nakajima
Text: Runa Anzai (kontakt)