メイクアップアーティストから学ぶ、ノーメイクとメガネの合わせ方 vol.2

Fashion

メイクアップアーティストから学ぶ、ノーメイクとメガネの合わせ方 vol.2

2018.02.28

リラックスしたい休日は、ノーメイクにメガネで過ごすこともありますよね。顔の印象を大きく変えるメガネは、ノーメイクの時に大活躍するアイテムです。今回は、プロのメイクアップアーティストである仲嶋洋輔さんにノーメイクに合うメガネをご紹介いただきました。



肌を綺麗に見せるブルー系フレーム
肌を綺麗に見せるブルー系フレーム

「ノーメイクでも肌を美しくみせたい時には、日本人の肌と相性の良いブルー系のフレームを取り入れるのがポイントです。ブルーグリーンのスクエアは、肌を綺麗に見せ、透明感のあるフレームと光沢のあるメタルのテンプルが、まるでファンデーションを塗ったような明るさを演出してくれます。」

nonmakeup2_pcimg1_2.jpg
nonmakeup2_spimg1_2.jpg







アイシャドー的感覚で鮮やかな色味をチョイス!
アイシャドー的感覚で鮮やかな色味をチョイス!

「アイシャドーを塗った時のように、目元にアクセントが欲しい方におすすめなのは、発色の良いカラーリングのフレームです。特に、赤やオレンジなど温かみのある色を選ぶことで、明るく華やかな印象になります。また、ボストンなど大きな玉型はチークを入れたように顔色がよく見えるのも特徴です。」

nonmakeup2_pcimg2_2.jpg
nonmakeup2_spimg2_2.jpg







アイシャドー的感覚で鮮やかな色味をチョイス!
アイシャドー的感覚で鮮やかな色味をチョイス!

「フレームと髪の色と合わせることで、顔まわりを引き締め、すっきりとした印象に仕上げることができます。ブラックなどダークでしっかりとした色味は、アイラインを引いた時のように目元を力強くみせてれくれるのも嬉しいですね。また、マットな質感のフレームは、 ノーメイクでも浮きすぎず、相性が良いです。」

nonmakeup2_pcimg2_2.jpg
nonmakeup2_spimg2_2.jpg







今回ご紹介したメガネのように比較的太めのフレームは、メイクの代わりに素顔を引き立ててくれる優れものです。皆さんも仲嶋さんの選び方を参考に、自分にぴったりの1本を選んでみてはいかがでしょうか?





nonmakeup2_img4_1.jpg
SHAY
ユーズドのポロ ラルフローレンのセーター¥5,900(ステップ アヘッド下北沢/tel.03-5738-7555)/ユーズドのシャルべのシャツ¥24,000※税込み価格(ザ ブリスク/tel.03-6416-4314)/ジョンストンズのストール¥19,000(リーミルズ エージェンシー/tel.03-3473-7007)

nonmakeup2_img4_2.jpg
バトラー
ヴィンテージのTシャツ¥5,800/ユーズドのリメイクデニムスカート¥7,800ともに(ベルベルジン/tel.03-3401-4666)/インディビジュアライズド シャツのシャツ¥22,000(メイデン・カンパニー/tel.03-5410-9777)/ピアスはモデル私物

nonmakeup2_img4_3.jpg
國貞
ヴィンテージのイヴ サンローランのブラウス¥26,000※税込み価格(ザ ブリスク/tel.03-6416-4314)/ユーズドのTシャツ¥9,900(スクロバ/tel.03-6873-5639)





【Makeup artist profile】
仲嶋洋輔
ヘアメイクアップアーティストとして広告、CM、ファッションエディトリアルなど幅広い分野で活躍中。

【Staff credit 】
Hair & Make up : Yosuke Nakajima
Photographer : Tetsuya Maehara
Stylist : Satoshi Kamei
Models : SHAY, Hannah Butler, Sayaka Kunisada
Edit : Runa Anzai (kontakt)