JINS WEEKLY

  1. メガネのJINS TOP
  2. JINS WEEKLY
  3. FASHION
  4. 夏に挑戦したい! シャツ×メガネのコーディネート術<メンズ編>
FASHION 夏に挑戦したい! シャツ×メガネのコーディネート術<メンズ編> 2019.07.03

シャツとメガネのコーディネートは相性抜群の王道スタイリング。中でも夏は定番のアロハシャツや、麻素材のシャツが涼しげな印象で◎。せっかくトレンドのシャツを着こなしても、メガネがいつもと同じでは全体のコーディネートは完成しませんよね...。 そこで今回は、夏の定番シャツに合わせるメガネのセンスアップのコツを、自身もメガネフリークというスタイリストの金田太郎さんにお聞きしました。




「アロハシャツは主張が強いアイテムなだけに、シャツに視線が一点集中してしまい、顔が浮いた印象になってしまいがちです。実は、色柄が派手なアロハシャツには足し算コーデが正解なんです。あえてそこにメガネを足してあげることで、服に着られることなく全体のバランスがとりやすくなります。また、シンプルな麻のシャツは、メガネや小物の合わせ方次第で上品にもちょいワルにも演出できます。メガネでハズしてあげることでこなれた印象も狙えますよ」




Aloha style
Aloha style
シャツの遊びをスクエアフレームで引き締めた
クールで爽やかなアロハコーデ
アロハシャツに合わせたメガネコーデ全身
アロハシャツに合わせたメガネコーデ全身
メガネの アップ

「ちょっと軟派な印象になりがちのアロハシャツですが、そこへカチッとした印象のスクエアフレームを合わせることで、引き締めた大人なアロハコーデに。シャツとフレームを同系色にすることで、真逆のテイストの2つが見事に調和されます。今回はブルーで夏らしい"遊び"と"爽やかさ"を意識しました」



POINT
POINT
POINT画像

クールな中にもおしゃれ感が漂うスクエアタイプの大きめウエリントン。ニュアンスのあるグラデーションカラーが、スタイリングのポイントになります。シンプル系やクラシック系のファッションにも使えるので、1本持っていると重宝しそう。

着用モデル:Slim Acetate ¥5,000(+税)




Aloha style
Aloha style
開襟シャツ×ボストンサーモントで
ヴィンテージ感漂う夏の"おじスタイル"
開襟シャツに合わせたメガネコーデ全身
開襟シャツに合わせたメガネコーデ全身
メガネの アップ

「キューバやイタリアのちょいワルおやじが着ていそうな開襟シャツ。ヘリンボーンの織り柄でニュアンスのある開襟シャツに、ヴィンテージ感のあるボストンとキャスケットを合わせて、クラシカルなアメカジワークスタイルに仕上げました。シャツと帽子だけだとちょっと味気ないのですが、そこにメガネを加えることで世界観を確立できます」



POINT
POINT
POINT画像

「丸みのあるボストンフレームは、人を選ばず誰でもハマりやすいのが魅力。"おじいちゃん"がかけていそうなサーモントブロウのクラシカルで味のあるデザインが、スタイリングにひとクセ与えてくれます。帽子との相性もよく、ファッションに取り入れやすいです」

着用モデル:JINS CLASSIC Acetate&Metal ¥12,000(+税)




この夏のワードローブに加えたい、アロハシャツと麻のシャツ。 金田さんにご紹介いただいたスタイルサンプルを参考に、今年の夏はまわりと差のつく、技アリなシャツとメガネの着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか?




style1サムネイル画像
ティグル ブロカンテのシャツ¥22,000(ティグル ブロカンテ/tel.092-761-7666)/ オムニゴッドのデニムパンツ¥18,000(オムニゴッド代官山/tel.03-5474-7579)/ トウキョウ サンダルズのサンダル¥35,000(ザ ブーツ ショップ/tel.03-3843-0833)

style2サムネイル画像
ブラックサインのキャスケット¥9,800、シャツ21,800、パンツ¥22,800(すべてブラックサイン トーキョー/tel.03-6427-2788)/ その他スタイリスト私物

SHARE!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

【Stylist Profile】
金田 太郎
アパレルショップ店員や生産管理を経験し、2014年にスタイリストとして独立。現在、「ライトニング」、「クラッチ・マガジン」などメンズファッション誌から、広告のスタイリングまで幅広く手がけている。


【Staff credit】Stylist:Taro Kaneda、Photography:Kanako Noguchi(owl)、Hair & Make up:Yusaku Ishimaru、Model:Yuki kawahara(BARK in STYLe)、Edit&Text:Ayano Sakai(verb)、AD:COLORS

RANKINGランキング

MORE

TOPICS最新記事

MORE