JINS WEEKLY

  1. メガネのJINS TOP
  2. JINS WEEKLY
  3. FASHION
  4. Airframe 10周年特別企画! 秋の最旬スタイルサンプル<20〜30代ウィメンズ編>
FASHION Airframe 10周年特別企画! 秋の最旬スタイルサンプル<20〜30代ウィメンズ編> 2019.10.30

発売以来、多くのメガネユーザーに愛され続けている「Airframe」が、今年で10周年を迎えました。 より軽く、より耐久力のある素材を求めて、空気のようなかけ心地、抜群のフィット感を実現したAirframeを、今季注目のファッションアイテムと合わせた最旬のスタイルサンプルと共にご紹介いたします。今回は、落ち着きのあるベイクドカラーを中心にスタイリングした20〜30代ウィメンズ編です。


>メンズ編はこちら




自身もメガネフリークである人気スタイリスト金田太郎さん
自身もメガネフリークである人気スタイリスト金田太郎さん
今季ファッションのトレンドは?

「今年の秋は、"ベイクドカラー"と言われるこっくり系の色味のトップスがおすすめです。ニットやカーディガンなどに取り入れるだけで今年っぽく見えます。上級者にはベージュやブラウン系のワントーンのコーディネートを。落ち着いた大人な雰囲気かつ今年らしいです。もちろん、それに合わせるメガネ選びも重要。洋服はトレンドに装ってもメガネはいつもと同じ...、それではせっかくのコーディネートも中途半端になってしまいますからね。JINSのAirframeなら豊富なカラーバリエーションがあるので、ベイクドカラーのファッションにぴったりの一本がきっと見つかります。トレンドカラーに身を包んで、秋のファッションを思いきり楽しんでください!」



WOMENS STYLING SAMPLE 01
WOMENS STYLING SAMPLE 01
ふんわりマニッシュ×優しめキャットアイ
WOMENS STYLING SAMPLE 01
WOMENS STYLING SAMPLE 01
WOMENS STYLING SAMPLE 01

「今季注目のこっくり系カラーのマスタードをメインに、トレンドのブラウンを差し込み、主張しないブラックのパンツでマスタードカラーを際立たせました。ヴィンテージ感のある素材やアイテムでマニッシュ感のあるコーディネートですが、そこへ少しつり上がった優しめのキャットアイをプラスすることで女性らしさを演出しています。このキャットアイは、釣り上がりすぎていないのでかけやすく、ちょっと人と差をつけたい時にもオススメです」



POINT!
「少しマニッシュなスタイリングですが、女性的なメガネと綺麗な素材、それにシルエットが太めのデニムトラウザーズなど、こういったアイテムが女性らしさをうまくフォローしてくれています。オフの日にキャットアイをかけるときは、少しシルエットのゆったりとしたスタイリングがおすすめ。顔まわりのシャープな印象に、ふんわりとしたコーディネートが絶妙にマッチします」



メガネ:Slim Airframe -trend-  ¥8,000(+税)




WOMENS STYLING SAMPLE 02
WOMENS STYLING SAMPLE 02
女性的な丸みのあるボストンを秋色カラーで魅せる
WOMENS STYLING SAMPLE 02
WOMENS STYLING SAMPLE 02
WOMENS STYLING SAMPLE 02

「女性的な丸みのあるボストンをブラウンのカラーで秋のイメージに。そこへ、これからの季節に重宝するオーバーコートを合せてみました。インパクトあるオーバーコートなどは主張が強いので、その他のアイテムはベージュなどの明るく落ち着いたカラーの上下で、トーンを揃えて控えめにするのがベスト。でも、しっかりとトレンドを押さえて、コーデュロイ素材のパンツとベージュ系のニットでまとめています」



POINT!
「コートに目がいきがちなスタイリングですが、ニットとパンツの控えめなベージュのトーンが実はメインのコートを優しく際立たせています。でも、これだけだとまとまりはあるけどスパイスが足らないので、メガネにはベーシックなコーディネートの邪魔をしないボストンをチョイスしつつ、差し色としてプラスしています」



メガネ:Slim Airframe -big shape- ¥8,000(+税)


「全身トレンド全開!でいかなくても、トレンドものを一つ取り入れるだけでファッションを楽しむことができます」と金田さん。普段のファッションにプラスαするだけで断然ファッションが楽しくなりますね。ちょっとした変化でいつもの自分と違う姿に見せてくれるのがファッションの面白いところです。金田さんのアドバイスを参考に、皆さんも自分に合ったスタイルを見つけてみてください。



style1サムネイル画像
オムニゴッドのスウェット¥11,500、オムニゴッドの肩にかけたカーディガン20,000(ともにオムニゴッド代官山/tel03-5457-7579)/マノンのパンツ¥19,000(エムケースクエア/tel06-6534-1177)/ウォルシュのシューズ¥26,000(カメイ・プロアクト/tel03-6450-1515)

style2サムネイル画像
スーパーサンクスのコート¥22,800(バンプロ/tel03-6455-4131)/ マノンのニット¥11,000(エムケースクエア/tel06-6534-1177)/ オムニゴッドのキュロット¥19,000(オムニゴッド代官山/tel03-5457-7579)/ リプロダクション オブ ファウンドのシューズ¥21,800(アイ ファウンド/tel03-6434-7418)

SHARE!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

【Stylist Plofile】金田 太郎
アパレルショップ店員や生産管理を経験し、2014年にスタイリストとして独立。現在、「ライトニング」、「クラッチ・
マガジン」などメンズファッション誌から、広告のスタイリングまで幅広く手がけている。


【Staff credit】 Text/AD:COLORS

RANKINGランキング

MORE

TOPICS最新記事

MORE