JINS WEEKLY

  1. メガネのJINS TOP
  2. JINS WEEKLY
  3. FASHION
  4. 足すべき? 引くべき? メガネをかける時の正解メイクが 知りたい! <休日メイク編>
FASHION 足すべき? 引くべき? メガネをかける時の正解メイクが 知りたい! <休日メイク編> 2019.10.09

ファッションのコーディネートを引き締めたり、遊びを加えたり、スタイリングのワンポイントにメガネを使ったおしゃれを楽しむ人も多いですよね。流行りのメガネをかけるだけで旬の雰囲気を演出できますが、メイクがいつものままではせっかくのおしゃれもイマイチな印象に。かけるメガネによってその人の印象が大きく変わるだけに、メガネに合わせてメイクもマイナーチェンジが必要です。そこで今回は、広告や雑誌で活躍しているヘアメイクアーティストの石丸雄策さんに、トレンドのメガネをかける時の正解メイク術とワンポイントアドバイスを教えていただきました。




メガネをかける時のメイクの心得は?

「フレームが太いほどアイメイクは薄く、フレームが細いほどポイントを増やすのが基本です。メガネのデザインに合わせて目元のメイクを足し算・引き算することで、目元が強調されすぎず、バランスよくメガネをお顔に馴染ませることができます」




流行のメタルフレームを
愛されメイクでモテカジュアルに
流行のメタルフレームを愛されメイクでモテカジュアルに

「最近、街中でもよく見かけるラウンドのメタルフレーム。細く華奢なデザインは、メイクで遊ぶとメリハリが生まれます。フレームのゴールドと相性のいいピンクを使った、カジュアルでかわいい印象の愛されメイクがおすすめです」




STEP1 EYEBROWS 引き算メイク
STEP1 EYEBROWS 引き算メイク
引き算メイク
引き算メイク
How To
How To

「ふんわり眉でかわいらしさを演出。ブラウンを使って眉全体をぼかし、優しい印象に仕上げましょう。ペンシルよりも、1トーン明るいブラウンのアイブロウマスカラで毛の流れに沿わせて流すと、ふんわりと女性らしいニュアンスが出せます」


POINT!
マスカラが乗っていない部分にマスカラを重ねづけするのはNG。隙間が気になるときは、ライトブラウンのパウダーで隙間を埋めることで仕上がりが重たい印象になりません。




STEP2 EYELINE 足し算メイク
STEP2EYELINE足し算メイク
足し算メイク
足し算メイク
How To
How To


足し算メイク
足し算メイク
How To
How To

「目元はピンクと黒でメリハリを意識。アイシャドウはピンクを使ってかわいい印象に。アイホール全体にピンクを乗せて、指の腹でなじませます。涙袋にも同じ色を乗せると、色がハッキリ出て、なおかつ腫れぼったく見えません。ピンクだけだと目元がぼやけてしまうので、黒のアイラインで目元をキュッと引き締めます」


POINT!
アイラインの終点はハネさせないこと。目尻を上げるとキツイ印象になるので、優しい印象にしたい時は、終点を少しだけ下にさげるのがコツです。




STEP2 EYELINE 引き算メイク
STEP2EYELINE 引き算メイク
引き算メイク
引き算メイク
How To
How To


引き算メイク
引き算メイク
How To
How To


引き算メイク
引き算メイク
How To
How To

「アイシャドウに近いソフトな色味のピンクのリップで、あどけない口元に仕上げます。コンシーラーで唇の輪郭を消して、その上にリップを乗せましょう。"おちょぼ口=幼さ"のように、口元を小さく見せることでかわいい印象に仕上がります」


POINT!
自分の肌色と同じトーンのコンシーラーで唇の色を消して、中心部分にリップを塗って上下の唇でなじませると、口を小さく見せることができます。仕上げにクリアグロスを全体に塗れば完成です。




COMPLETION
COMPLETION
華奢なゴールドフレームとピンクがマッチした
トレンド感漂う愛されメイクが完成!
COMPLETION
着用モデル

着用モデル:Minimal Metal ¥8,000(+税)




細くて繊細なデザインのメタルフレームは、この秋冬注目のトレンドアイテム。顔なじみがよく、カジュアルにもフォーマルにも使えるので、ぜひ今回のメイク術を参考におしゃれにかけこなしてください。

SHARE!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

【Hair & Make up Profile】
石丸 雄策
都内にて美容師を経て、2009年よりフリーランスとして活動開始。 アーティスト、雑誌、メンズ、 レディースともに幅広く活動。

【Staff credit】Hair & Make up:Yusaku Ishimaru、Photography:Kanako Noguchi(owl)、Model:Kazune Momoi
(BARK in STYLe)、Edit&Text:Ayano Sakai(verb)、AD:COLORS

RANKINGランキング

MORE

TOPICS最新記事

MORE