JINS WEEKLY

  1. メガネのJINS TOP
  2. JINS WEEKLY
  3. LIBRARY
  4. サングラスレンズの選び方は?シーン別のおすすめレンズとお手入れ方法も紹介
LIBRARY

サングラスレンズの選び方は?シーン別のおすすめレンズとお手入れ方法も紹介

2021.04.20

JINS WEEKLYのI美です。
日差しが強くなってくるとサングラスが欲しくなりますが、いろんな色や形、機能があるので購入するときは迷ってしまいますよね。
レンズの色や形で顔の見え方や雰囲気も違ってきますから、あれこれ試しているうちにどれがいいかわからなくなってしまった、という方もいるかも知れません。
そこで今回は、サングラスのレンズの選び方やシーン別のおすすめレンズ、お手入れとレンズ交換の方法などについてご紹介していきます。





1.【基本】サングラスのレンズの選び方

サングラスのレンズは、色・機能性・形の種類がとても豊富です。それぞれの特徴について確認していきましょう。



レンズの色から選ぶ

サングラスのレンズの色は、透明から定番のグレーやグリーン、ブルー、イエローなど、さまざまな種類から選べます。
「透明なのにサングラス?」と疑問に思う方もいるかもしれませんね。
「サングラス」は太陽の強い光や紫外線から眼を守るメガネを指す言葉なので、透明のクリアレンズでも紫外線カット効果があればサングラスと呼ばれます。TPOに関係なくかけられるので普段使いにもおすすめです。
レンズの色は見え方に直結する部分ですので、用途に合ったカラーを選ぶことが大切です。それぞれの特徴やおすすめシーンを以下の表にまとめたのでご参考にしてください。

クリアレンズ
ダテメガネ風にして日常生活でもかけやすい。
クリアな視界なので、風景を楽しみたいときにおすすめ。
イエロー系
薄暗いところでコントラストをはっきりさせてくれる。
明るいイエローはファッション性が高い。
グリーン系
明るすぎず暗すぎないちょうど良い色なので、自然な見え方が好きな方におすすめ。
眼が疲れにくいといわれ、旅行に最適。
ブルー系
まぶしいと感じやすい黄色の光をカットしてくれる。
直射日光が気になるシーンや、夜間の運転に向いている。
ブラウン系
定番カラーのブラウンは、物の陰影をはっきりさせる効果がある。
肌なじみが良い色なので、サングラス初心者も挑戦しやすい
グレー系・
ブラック
まぶしさをカットする効果が最も高い色。
光に敏感な方はダークトーンのレンズがおすすめ。
クリアレンズ
ダテメガネ風にして日常生活でもかけやすい。
クリアな視界なので、風景を楽しみたいときにおすすめ。
イエロー系
薄暗いところでコントラストをはっきりさせてくれる。
明るいイエローはファッション性が高い。
グリーン系
明るすぎず暗すぎないちょうど良い色なので、自然な見え方が好きな方におすすめ。
眼が疲れにくいといわれ、旅行に最適。
ブルー系
まぶしいと感じやすい黄色の光をカットしてくれる。
直射日光が気になるシーンや、夜間の運転に向いている。
ブラウン系
定番カラーのブラウンは、物の陰影をはっきりさせる効果がある。
肌なじみが良い色なので、サングラス初心者も挑戦しやすい
グレー系・
ブラック
まぶしさをカットする効果が最も高い色。
光に敏感な方はダークトーンのレンズがおすすめ。


レンズの機能性から選ぶ

サングラスを使う目的やシーンがすでに決まっている場合、レンズの持つ機能性で選ぶのがおすすめです。
レンズ機能は光を通す量を調整してくれるものが多く、まぶしさを軽減して見やすい視界をキープしてくれます。
UVカットや偏光レンズなど、代表的な4つのレンズの機能性と使用シーンをみてみましょう。

UVカットレンズ
紫外線カットに特化したレンズ。
UV400と表記されているものは、ほぼすべての紫外線をカットしてくれる。
夏場のレジャーや長時間の屋外イベントなどで活躍する。
偏光レンズ
偏光膜というフィルターを挟み込んだレンズ。
一定方向の光だけを通して乱反射を遮るため、日光のぎらつきを抑えてくれる。
芝目や水面の照り返しを防ぐのでゴルフや釣りにおすすめ。
ミラーレンズ
鏡のような見た目のレンズ。太陽光などをあらゆる
光を反射する。
相手に視線が見えなくなるので、テニスなど屋外スポーツの試合にもおすすめ。
調光レンズ
紫外線や気温に反応して濃淡が変わるレンズ。
アウトドアでもインドアでも使用可能、年間通してかけられる。
メガネとサングラスを一本にしたい人、かけ直しできないサイクリングなどに便利。
UVカットレンズ
紫外線カットに特化したレンズ。
UV400と表記されているものは、ほぼすべての紫外線をカットしてくれる。
夏場のレジャーや長時間の屋外イベントなどで活躍する。
偏光レンズ
偏光膜というフィルターを挟み込んだレンズ。
一定方向の光だけを通して乱反射を遮るため、日光のぎらつきを抑えてくれる。
芝目や水面の照り返しを防ぐのでゴルフや釣りにおすすめ。
ミラーレンズ
鏡のような見た目のレンズ。太陽光などをあらゆる
光を反射する。
相手に視線が見えなくなるので、テニスなど屋外スポーツの試合にもおすすめ。
調光レンズ
紫外線や気温に反応して濃淡が変わるレンズ。
アウトドアでもインドアでも使用可能、年間通してかけられる。
メガネとサングラスを一本にしたい人、かけ直しできないサイクリングなどに便利。


レンズの形から選ぶ

似合うサングラスを選ぶのって難しいですよね。顔の輪郭や幅とのバランスをチェックすると、自分にぴったりのレンズを見つけられるはずです。
とくに、レンズ上部の形が眉のラインに沿ったものを選ぶと相性が良いといわれているので試してみましょう。
また、レンズの形ごとに印象がずいぶんと変わります。それぞれの特徴を把握して、ファッションの雰囲気に合った形から探すとスムーズです。

スクエア
横長の四角で、シャープな雰囲気になる。
老若男女問わずかけやすい形。
オーパル
横に倒れた卵型。ベーシックなフレーム。
自然な雰囲気で顔なじみする。
ウエリントン
逆の台形になっているウエリントンは、日本で一般的な形。
サングラスの中でもベーシックな形のひとつ。
ボストン
丸みのある逆三角形のシェイプ。
やわらかい印象となるため、誰でも挑戦しやすい形のひとつ。
ラウンド
名前の通り、まん丸な形のレンズ。
個性的なファッションと良く似合う。
フォックス
キツネのように目尻に向かってリム幅が狭くなっている。
スタイリッシュで女性からの人気が高い。
ティアドロップ
「涙のしずく」の意味通り、下に垂れ下がったデザイン。
パイロットグラスから誕生した形。
スクエア
横長の四角で、シャープな雰囲気になる。
老若男女問わずかけやすい形。
オーパル
横に倒れた卵型。ベーシックなフレーム。
自然な雰囲気で顔なじみする。
ウエリントン
逆の台形になっているウエリントンは、日本で一般的な形。
サングラスの中でもベーシックな形のひとつ。
ボストン
丸みのある逆三角形のシェイプ。
やわらかい印象となるため、誰でも挑戦しやすい形のひとつ。
ラウンド
名前の通り、まん丸な形のレンズ。
個性的なファッションと良く似合う。
フォックス
キツネのように目尻に向かってリム幅が狭くなっている。
スタイリッシュで女性からの人気が高い。
ティアドロップ
「涙のしずく」の意味通り、下に垂れ下がったデザイン。
パイロットグラスから誕生した形。


2.シーン別におすすめレンズ×カラーを紹介

サングラスのレンズの特徴をチェックしても、種類や組み合わせの多さにまた悩む方も多いのではないでしょうか。
使用シーンに合わせた、おすすめのレンズとカラーの組み合わせ例をご紹介しますので、ご参考にしてください。



アウトドアにはUVカットレンズ×ブラウン・グリーン系

紫外線を浴びるアウトドアではUVカットレンズが最適です。バーベキューやハイキング、山登りなどのアウトドアでは、日光に長時間さらされます。紫外線を多く浴びると眼を痛めてしまうので、必ず紫外線カット率の高いUVカットレンズを選びましょう。
レンズの色はブラウンやグリーンがおすすめです。ブラウンは網膜を刺激するといわれる青色光をブロックしてまぶしさを抑え、コントラストを高める効果があるので、モノの輪郭がはっきり見やすくなります。また、グリーンもまぶしさを防ぎつつ、コントラストをくっきりと強調させるので、自然な色合いを保った視界が確保できます。



車の運転時は偏光レンズ×グレー・ブラウン系

車を運転するときのサングラスなら、まぶしさを防ぐ偏光レンズに、コントラストを高め、路面のぎらつきを抑えるグレーやブラウン系のカラーがおすすめです。
日中に運転していると他の車や建物に日光が反射してまぶしく感じますよね。時には、前が見づらくなってしまうこともあります。偏光レンズは一定方向の光しか通さない特徴があるので、乱反射した光をブロックしてまぶしさを軽減してくれます。
ただし、偏光レンズをかけたまま液晶画面を見ると、角度によってはカーナビの画面が見づらく感じる場合もあります。できれば事前に相性を確認しておきましょう。
運転用のサングラスは眼が眩むのを防いでクリアな視界をキープしてくれるので、安全運転に欠かせません。ぜひ検討してみてくださいね。



3.サングラスのお手入れとレンズ交換の方法

夏場やスポーツで活躍するサングラスは汚れや傷がつきやすいものです。お手入れ方法とレンズに傷が入った場合のレンズ交換方法について解説していきます。



サングラスのお手入れ方法

日常的なサングラスのお手入れ方法をご紹介します。

<サングラスのお手入れ方法>
①水で汚れを洗い流す
②水で薄めた中性洗剤で汚れを優しく洗い流す
③流水で洗剤を洗い流し、乾いた柔らかい布で拭く

お手入れでわからないことがあれば丁寧にレクチャーさせていただきますので、お気軽にJINSにご相談ください。



レンズの交換は専門店に依頼する

傷がついたレンズを自己流でメンテナンスやスペアレンズ交換すると、フレームやレンズを壊す可能性がありますので、必ずメガネ専門店に依頼しましょう。
サングラスの状態や形にもよりますが、JINSでは他店で購入したフレームのレンズであっても交換できる場合があります。自己対処する前に一度、店舗スタッフにご相談ください。



4.JINSにはサングラスレンズがたくさん!

最後に、JINSで取り扱っている豊富なラインナップからピックアップした、おすすめサングラスレンズを紹介します。
紫外線対策、ランニング、ゴルフ、ドライブ用など、目的に特化した機能があるレンズを取り揃えています。



紫外線対策には「UVダブルカットレンズ」

レンズの裏面で反射した紫外線もカットしてくれる「UVダブルカットレンズ」は紫外線対策にぴったりです。
一般的なUVカットレンズは表面からの紫外線をカットする構造のため、サングラスと顔の隙間から入ってきた紫外線はレンズの裏側で跳ね返り、眼や目元にダメージを与える可能性があります。
JINSのUVダブルカットレンズなら、表面からの紫外線は99%以上、裏面からの紫外線も約95%カットします。紫外線対策を万全にしたい方はぜひお試しください。
また、見た目は無色透明のレンズと変わりなく日常生活にもなじみやすいので、年間を通した普段使いにもおすすめです。

JINS「UVダブルカットレンズ」の詳細はこちら



ランニングには「ランニングレンズ」

ランニングでの使用に特化した「ランニングレンズ」は、走る時間帯に応じて「DAY」と「NIGHT」の2種類のレンズが用意されています。
日中のランニング用の「DAY」は日差しのまぶしさを抑えつつ、地面の起伏を見やすくする工夫が施されています。
一方、夜間ランニング用の「NIGHT」は視界を暗くなりすぎないように調整し、車のヘッドライトや街頭の明かりを刺激の少ない暖色に変える機能があります。
どちらも、紫外線カット率は99%以上あり、時間帯ごとの見やすさを考慮しながら効率的にまぶしさを抑える機能となっています。ストレスを軽減してランニングに集中したい方に最適なサングラスです。

JINS「ランニングレンズ」の詳細はこちら



ゴルフ用の「ゴルフレンズ」

JINSの「ゴルフレンズ」は99%以上の紫外線カットのほかに、太陽光の反射を防いでグリーンの起伏や傾斜、芝目が見やすくなる機能が備わっています。
レンズの色はグリーンとブラウンの2種類。グリーンは自然な見え方で芝目のコントラストを強調してくれます。ブラウンは、やや明るめの視界で初めてゴルフレンズを使用する人でも使いやすく配慮されているので特徴です。
クリアな視界はゴルフのプレーの大きな助けになります。ぜひお試しください。

JINS「ゴルフレンズ」の詳細はこちら



運転用レンズ「ドライブレンズ」

車の運転は強い日差しやヘッドライトで一時的に視界を奪われることも珍しくありません。運転用レンズ「ドライブレンズ」で安全で快適なドライブにしましょう。
JINSの「ドライブレンズ」はドライブの時間帯特性に合わせて「DRIVE DAY」と「DRIVE NIGHT」の2種類のレンズがあります。
昼間の運転が中心の方には「DRIVE DAY」がおすすめです。可視光線透過率38%のレンズで色変化が少ない運転しやすい視界になります。紫外線カット率も99%あり、遠近両用で作ることもできます。
一方、夜間の運転が多い場合は「DRIVE NIGHT」を選びましょう。対向車のヘッドライトのまぶしさを抑える機能に加え、可視光線透過率85%のレンズが視界を明るく保ちます。曇った日の運転にも活躍しますよ。

JINS「ドライブレンズ」の詳細はこちら



5.まとめ

サングラスレンズの選び方は「色・機能性・形」の3点がポイントです。
・レンズの色:コントラストやまぶしさなど見え方に影響するため、各色の特徴を踏まえて選ぶ。クリアレンズもある。
・レンズの機能性:スポーツやレジャーなど使用シーンに合わせて、紫外線カットレンズや偏光レンズなどの機能性から選ぶ。
・レンズの形:顔の輪郭やかけた時のバランスをみる。レンズの上部が眉の形に沿ったものから選ぶと似合うものが見つかりやすい。
これら3つを組み合わせて、用途や自分に適したサングラスを見つけることが大切です。JINSの豊富なサングラスの中には、「ゴルフレンズ」や「ドライブレンズ」など特に配慮された機能がついた専用レンズもあるので、お試ししてみてはいかがでしょうか。



I美

JINS WEEKLY編集部 I美
JINS歴5年。メガネ保有数22本。主にダテメガネとコンタクトを併用。




SHARE!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

RANKINGランキング

MORE

TOPICS最新記事

MORE