JINS WEEKLY

  1. メガネのJINS TOP
  2. JINS WEEKLY
  3. FASHION
  4. おしゃれ度アップ間違いなし!黒ぶちメガネをかけこなす
FASHION

おしゃれ度アップ間違いなし!黒ぶちメガネをかけこなす

2020.01.15

ファッションアイテムの一つとしても幅広い世代の方に愛用されている黒ぶちメガネ。コーディネートやかけこなし方次第でその人の個性をひときわ放ってくれます。今回は、黒ぶちメガネをおしゃれにかけこなすスタイルサンプルとともに、その存在が際立つ魅力をご紹介します。

クリエイティブな印象に見せるならシャープなウエリントン

クリエイティブな印象に見せるならシャープなウエリントン
クリエイティブな印象に見せるならシャープなウエリントン

太く角ばったデザインの黒ぶちウエリントン。個性的なフォルムはもちろん、シャープなメタルパーツのラインなど、考え抜かれたデザインが他とは違うクリエイティブな印象を放っています。ビジネスシーンはもちろん、タウン系のサーフファッションなどカジュアルでスポーティなコーディネートと合わせれば、仕事も遊びも難なくこなす"できる人"の雰囲気を自然と醸し出してくれます。

クリエイティブな印象に見せるならシャープなウエリントン

着用メガネ:Michele De Lucchi -Davide- ¥12,000(+税)



個性を主張するスタイリングには馴染ませスクエア

個性を主張するスタイリングには馴染ませスクエア
個性を主張するスタイリングには馴染ませスクエア

ほどよいカーブで顔馴染みの良さを追求したデザイン。少し太めのフレームが顔まわりやコーディネート全体を引き締めつつ、マットな質感が優しい印象を与えてくれます。古くからある普遍的なシルエットを、誰でも似合うメガネへとリデザイン。オールマイティなメガネにはカジュアルなデニムセットアップなどが好相性。そこにシティ感を演出するカラーリングのスウェットやチェックコートを合わせれば、自然と今っぽい雰囲気にスタイリングが収まります。

個性を主張するスタイリングには馴染ませスクエア

着用メガネ:Jasper Morrison OPTICAL Icon ¥5,000(+税)



洗練された印象になる異素材ビッグシェイプ

洗練された印象になる異素材ビッグシェイプ
洗練された印象になる異素材ビッグシェイプ

ビッグシェイプでも異素材の組み合わせや丸みのあるシルエットにより、洗練された印象を与えてくれるメガネ。重たい印象になりがちな黒ぶちメガネですが、薄いシート状の層を重ねて、女性らしい軽やかな印象を持たせています。大きく丸みのあるデザインでも引き締め効果のある黒ぶちメガネなら小顔効果にも◎。黒とゴールドのコントラストが、トレンドのボリュームあるコートと合わせてもほどよくポイントになるメガネです。

洗練された印象になる異素材ビッグシェイプ

着用メガネ:see-through combination ¥8,000(+税)



タテ長シルエットのコーデにはニュートラルなウエリントン

タテ長シルエットのコーデにはニュートラルなウエリントン
タテ長シルエットのコーデにはニュートラルなウエリントン

ウエリントンとスクエアのちょうど中間をとった玉型の黒ぶちメガネ。大きすぎない玉型が洗練された印象を与えてくれます。男女を問わず顔馴染みの良いデザインなので、顔型を気にせずかけやすいのもポイント。正面から見ても目立ちにくく、顔まわりの印象を邪魔せずしっかりとまとめてくれるパーフェクトなメガネです。ロングコートなどのタテ長シルエットのコーディネートと合わせるとバランス良くまとまります。

タテ長シルエットのコーデにはニュートラルなウエリントン

着用メガネ:Jasper Morrison OPTICAL Wellington ¥5,000(+税)



クラシックでありモダンでもある、スタイリッシュでもありカジュアルでもある、どこか二極性を感じる黒ぶちメガネ。相反する印象を持ったメガネだからこそ、どの時代のどんなファッションにも馴染んでいるのが、永く愛され続けている人気の秘密なのかもしれません。皆さんもこだわりの黒ぶちメガネを見つけて、普段のファッションをアップデートしてみてはいかがでしょうか。



style1サムネイル画像
アズ スタンダード×ペンドルトン のジャケット¥85,000(アドナスト ミュージアム/tel03-5428-2458)/ オムニゴッドのパーカ¥15,000(オムニゴッド代官山/tel03-5457-3625)

style1サムネイル画像
イキジのコート¥89,000(イキジ/tel03-3634-6431)/ オムニゴッドのジャケット¥22,000、パンツ¥18,000(ともにオムニゴッド代官山/tel03-5457-3625)/ アローレのスウェット¥5,000(ダイヤモンドヘッド/tel058-388-8288)/ ロトトのソックス¥1,900(ジャーミネイション/tel06-6585-9660)/ ウォルシュのシューズ¥26,000(カメイ・プロアクト/tel03-6450-1515)

style1サムネイル画像
ランブルレッドのコート¥72,000、ランブルレッドのベスト¥46,000(ともにランチフィールド/tel03-6794-3470)/ メルローのニット¥5,255(メルロー/tel03-3664-9613)

style1サムネイル画像
ラインバイ リョウジオバタのコート¥21,000、ラインバイ リョウジオバタのパンツ¥21,000(ともにラインバイリョウジオバタ/tel090-3799-1591)/ オムニゴッドのパーカ¥12,500(オムニゴッド代官山/tel03-5457-3625)/ ZDAのシューズ¥21,800(アイ ファウンド/tel03-6434-7418)

SHARE!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

【Staff credit】Stylist:Taro Kaneda、Hair & Make up:Yusaku Ishimaru、Photography:Kanako Noguchi(owl)、Model:Justin、Kaede noguchi(B-Tokyo)、Edit&Text&AD:COLORS

RANKINGランキング

MORE

TOPICS最新記事

MORE