JINS WEEKLY

  1. メガネのJINS TOP
  2. JINS WEEKLY
  3. FASHION
  4. カラーレンズがアツい! ファッション別カラーレンズの選び方(ウィメンズ編)
FASHION

カラーレンズがアツい! ファッション別カラーレンズの選び方(ウィメンズ編)

2019.06.12

メガネやサングラスでおしゃれを楽しんでいた人たちが、最後に行きつくのがカラーレンズ。ブーム当初は、メタルのラウンドにブルーやイエローの個性的なカラーレンズが感度の高いファッショニスタたちに流行っていましたが、最近はメガネ感覚で取り入れられるおしゃれなカラーも充実し、今まさにカラーレンズブームが沸騰中。しかし、ちょっと合わせ方を間違えると"金持ちマダム"な印象になりがちに...。そこで、自身もメガネフリークでカレーラレンズを愛着するスタイリストの金田太郎さんに、カラーレンズを選ぶコツについて聞きました。




「その日のファッションのテーマや、狙いたい印象に合わせてレンズの色を選ぶといいですね。例えば、クールに見せたいときはブルーやグレー系、優しい雰囲気に見せたいときはブラウンや薄いグリーンを、イエローは元気な印象を与えます。なかでも、初心者におすすめなのはブラウン。肌馴染みが一番よく、コントラストもはっきりさせ、オシャレ度も実用性も兼ね備えた万能カラーです。女性なら、肌の色に近い薄めのピンクも意外と取り込みやすいです。大きめフレームだとマダム感が出てしまうので、まずは小ぶりなフレームから挑戦してみるのがおすすめです。また、女性の場合はアクセサリー選びもセンスアップのポイントになるので、カラーレンズをかけるときは、顔周りのアクセサリーは基本1つがおすすめ。例えばピアスをつけるならネックレスは控えてみるなど、ポイントを分散させないほうがうまくまとまります。また、トレンドのポップなカラーレンズをかけたい時はアクセサリーより帽子を合わせるとバランスを取りやすいですよ」




選び方を教わったところで、次はファッション別カラーレンズのコーディネート術をご紹介!
選び方を教わったところで、次はファッション別カラーレンズのコーディネート術をご紹介!



BROWN LENS
BROWNLENS
カジュアルなノームコアコーデには、
ボストン×ブラウン系レンズでフェミニンさをプラス
BROWN LENSに合わせたコーデ
BROWN LENSに合わせたコーデ
メガネの アップ

「デニムとサスペンダーがアメカジワークテイストのノームコアコーデ。これだけだとカジュアルでボーイッシュですが、ブラウンのカラーレンズを合わせると上品で優しいフェミニンさをプラスできます。配色がナチュラルなコーデにもハマりやすく、かけるだけでおしゃれな雰囲気になりますよ」



POINT
POINT

「ブラウンは初心者でも取り入れやすいカラー。さらにフレームの色もブラウンで揃えれば、より馴染みやすくなります。ブラウンレンズにブラウンのフレームは、カラーレンズ入門の1本にぴったりの組み合わせです」

POINT画像

着用モデル:<フレーム>Slim Airframe -big shape- ¥8,000(+税)
<オプションカラーレンズ>コパー85% ¥3,000(+税)




BROWN LENS
BROWNLENS
ラベンダーのワントーンコーデに
グレー系レンズでピリッとスパイスを
BROWN LENSに合わせたコーデ
BROWN LENSに合わせたコーデ
メガネの アップ

「トレンドのラベンダー色でまとめたワントーンコーデは、今年挑戦したいスタイルのひとつ。フェミニンな色でまとめると甘くなりすぎてしまうので、カラーレンズでピリッとスパイスを加えると引き締まり、着こなしに他人と差がつきます」



POINT
POINT

「グレーのスモークレンズのクールな印象に、ゴールド×ブラックのメタルサーモントのフレームが、上品で大人っぽくコーデをまとめてくれます。ピアスはあえて大ぶりのものをチョイス。顔周りにポイントを集約させると、カラーレンズとアクセサリーがワントーンコーデに映えます」

POINT画像

着用モデル:<フレーム>JINS CLASSIC Bicolor Metal ¥8,000(+税)
<オプションカラーレンズ>スモーク50% ¥3,000(+税)




大胆なファッションを楽しみたくなる夏は、カラーレンズを取り入れるのに絶好の季節。さらに、「大げさかもしれませんが、目元に薄く色がのることで自分の印象の弱点を消したり、強みをさらに高めたり、新しい自分発見の足がかりにもなると思います」と金田さん。しかも、JINSのカラーレンズは全て紫外線カット99%以上なので、おしゃれしながら紫外線対策もばっちりフォロー。いつものコーディネートも、カラーレンズをかければワンランク上のこなれた印象に。よりおしゃれに楽しく、この夏のおでかけをエンジョイしませんか?



style1サムネイル画像
カーキのブラウス¥12,800(カーキ/tel.06-4390-7008)/ オムニゴッドのパンツ¥16,500(オムニゴッド代官山/tel.03-5457-3625)/ パラブーツ のシューズ¥63,000(パラブーツ 青山/tel.03-5766-6688)/ ケレンのサスペンダー¥7,800(ケレン/tel.06-4390-7008)/ ソムニウムのブレスレット¥8,000(ソムニウム/tel.03-3614-1102)/ その他スタイリスト私物

style2サムネイル画像
マノンのTシャツ¥5,000、マノンのスカート¥16,000(ともにエムケースクエア/tel.06-6534-1177)/ パラブーツのサンダル¥25,000(パラブーツ 青山/tel.03-5766-6688)/ その他スタイリスト私物

SHARE!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

【Stylist Profile】
金田 太郎
アパレルショップ店員や生産管理を経験し、2014年にスタイリストとして独立。現在、「ライトニング」、「クラッチ・マガジン」などメンズファッション誌から、広告のスタイリングまで幅広く手がけている。

【Staff credit】Stylist:Taro Kaneda、Photography:Kei Katagiri(Lingua franca)、Hair & Make up:Yusaku Ishimaru、Model:Sakiko Takizawa(NUMBER EIGHT)、Edit&Text:Kensaku Ota、Ayano Sakai(verb)、AD:COLORS

RANKINGランキング

MORE

TOPICS最新記事

MORE