JINS WEEKLY

  1. メガネのJINS TOP
  2. JINS WEEKLY
  3. ITEM
  4. 花粉&飛沫対策に! いろいろ選べる"目のSP"「JINS PROTECT」
ITEM

花粉&飛沫対策に! いろいろ選べる"目のSP"「JINS PROTECT」

2021.01.15

毎年この時季になると気になりだすのが花粉対策。今年は新型コロナウィルス感染症も猛威をふるっており、飛沫が目に入るのも感染原因のひとつといわれることから、飛沫からも目を守りたいという人は多いのではないでしょうか。JINSの花粉対策メガネがリニューアルし、JINS PROTECTは飛沫対策も意識した新作が加わり一層充実。カット効果の高さやドライアイ対策など、ニーズに合わせて選べます。





とにかくカット効果を重視!なら「JINS PROTECT PRO」

JINS PROTECT PROイメージカット

新たに誕生した「JINS PROTECT PRO」は、肌当たりのソフトなPVC素材をフード部分に使用し、顔との隙間を極力減らすことで、飛沫を最大92%(※1)カットする、JINS PROTECTの最上位モデル。花粉や飛沫をはじめ、チリやホコリ、強風といったあらゆる脅威から目をガードする高い機能は、さながら全方位にくまなく注意を払って目をガードする、最高レベルのSPのよう!? 人混みや3密が気になる場所への外出や、特に花粉が多い日など「極力しっかり目を守りたい」という時に頼れる存在です。ユニセックスタイプでウエリントンとオーバルの2型があり、各3色展開。そのままかけるほか、テンプルエンドに専用のバンドを装着すれば、より密着性を高めて着用することもできます。
※1 当社調べ:飛沫のカット率は環境やメガネのかけ方、顔の形などにより異なります。
※1 JINS PROTECT PRO WELLINGTON装着時と裸眼の状態を比較。
※1 詳細はこちらをクリック→「信頼の品質」。


JINS PROTECT PRO

男性向けのウエリントン型(上)と女性向けのオーバル型(下)。どちらも3色から選べます。




手軽に、かつ自然につけたいなら「JINS PROTECT」

JINS PROTECTイメージカット

"自然な見ため"を優先するなら、スタンダードモデルの「JINS PROTECT」を。価格も手頃で「どんなモノか試してみたい」という、最初の1本を探している人にもおすすめです。通常のメガネに近づけたデザインで"目を守りつつも存在を感じさせない"点が特徴。それでいて飛沫は最大83%(※2)カット、花粉は最大98%(※3)カットと機能面もハイレベルです。また、度なし専用であれば、高いカット率をキープしつつフレームの量感をギリギリまで絞った「SLIM」モデルもラインナップ。ベーシックなスクエア型・ウエリントン型、新登場のSLIMタイプもそれぞれ3色から選べます。
※2 当社調べ/飛沫のカット率は環境やメガネのかけ方、顔の形などにより異なります。
※2 JINS 花粉CUT SLIM装着時と裸眼の状態を比較。
※3 当社調べ/花粉のカット率は環境やメガネのかけ方、顔の形などにより異なります。
※3 JINS 花粉CUT SLIM装着時と裸眼の状態を比較。
※2・3 JINS 花粉CUT SLIMとJINS PROTECT SLIMは同機構を採用しております。
※2・3 詳細はこちらをクリック→「信頼の品質」。


JINS PROTECT

ベーシックなデザインのスクエア型(上)とウエリントン型(中)。自然な見ためのスリムタイプ(下)。




花粉&飛沫に加えて目の乾燥対策もしたいなら「JINS PROTECT MOIST」

JINS PROTECT MOISTイメージカット

花粉と飛沫に加えて、目の乾燥も気になるなら「JINS PROTECT MOIST」を。フロントの内側にスポンジがセットされており、そこに水分を含ませることで目の周りの水分量が裸眼と比べて約20%(※4)アップ。花粉・飛沫対策ができる機能性もあり、まるで目のガードと水分補給という2人のSPが目をケアしているようなユニークなメガネです。ドライアイの人の普段使いや、特に乾燥を感じる日の使用にぴったり。スクエア型とオーバル型それぞれ4色から選べます。
※4 当社調べ/保湿度は環境やメガネのかけ方、顔の形などにより異なります。
※4 JINS 花粉 CUT MOIST装着時と裸眼の状態を比較したデータ。
※4 JINS 花粉 CUT MOISTとJINS PROTECT MOISTの保湿機能は同機構を採用しており同等の最大相対湿度が確認されました。
※4 詳細はこちらをクリック→「信頼の品質」。


JINS PROTECT MOIST

ウエリントン型(上)とオーバル型(中)は共に男女兼用。テンプルの内側に水分を含ませたスポンジをセットできる(下)。




check


細やかな配慮が嬉しいジュニア向けモデル「PROTECT JUNIOR」

PROTECT JUNIORイメージカット

年々増えているといわれる子どもの花粉症。気になったら病院で診察を受けるのはもちろん、マスクやメガネでの対策を心がけたいもの。ジュニア向けモデル「JINS PROTECT -JUNIOR-」は、大人向けモデルをベースにしつつ、フード部分にラバーガードをつけて万一の場合に配慮するなど、成長期に合わせた設計が特徴。まさに"ジュニア仕様の目のSP"といえる1本です。


PROTECT JUNIOR

フード部分にラバーを取り付け優しくガード(左下)。成長に合わせてテンプルエンドを調整できる(右下)。





花粉に加え、新型コロナウイルスという新たな脅威が加わった2021年の花粉症シーズン。かけるだけでさまざまな環境から目を守る「JINS PROTECT」シリーズは、例年以上に頼れる存在になりそうです。機能性メガネでありながら、型や色のバリエーションも多く、楽しみながら選べるのもポイント。ぜひ皆さんもJINS PROTECTシリーズで花粉&飛沫対策をはじめてみてはいかがでしょうか。




JINS PROTECT



【飛沫カット率に関して】
※当社調べ/飛沫のカット率は環境やメガネのかけ方、顔の形などにより異なります。
※飛沫・エアロゾル発生装置の正面60cmの位置に人頭模型を設置。装置を用いて飛沫を発生させ、発生直後(0~2秒後)に人頭模型の目の位置に飛んできた飛沫(粒径0.3μm以上)個数をパーティクルカウンターを用いて計測。
※測定結果は飛沫発生直後の数値。
※JINS PROTECT シリーズ装着時と裸眼の状態を比較。
※実験はケイシン五反田アイクリニック院長内野美樹先生の監修の下、実施。

【花粉カット率に関して】
※当社調べ/花粉のカット率は環境やメガネのかけ方、顔の形などにより異なります。
※ワセリン塗布カバーガラスを表面に固定した人頭模型をチャンバー内に設置。
スギ花粉を噴霧し、カバーガラスへの花粉付着量を光学顕微鏡を用いて計測。
※JINS 花粉CUT SLIM装着時と裸眼の状態を比較。
※JINS 花粉CUT SLIMとJINS PROTECT SLIMは同機構を採用しております。
※実験は両国眼科クリニック深川和己先生の監修の下、実施。

【保湿率に関して】
※当社調べ/保湿度は環境やメガネのかけ方、顔の形などにより異なります。
※恒温恒湿槽のチャンバー内に固定した人頭模型に着用。
※環境前提条件 平均気温約 11.4℃ 平均湿度約 29.8%
※JINS 花粉 CUT MOIST 装着時と裸眼の状態を比較したデータ。
※JINS 花粉 CUT MOIST と JINS PROTECT MOISTの保湿機能は同機構を採用しており、同等の最大相対湿度が確認されました。
※気流の影響をなくすためアクリルケース内に設置した人頭模型に、JINS 花粉 CUT MOIST と JINS PROTECT MOIST WELLINGTONをそれぞれ装着し、湿度を測定・比較。

SHARE!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

【Staff credit】Text:Taemi Suemoto、Illustration:Chiharu Nikaido、AD:COLORS

RANKINGランキング

MORE

TOPICS最新記事

MORE