JINS WEEKLY

  1. メガネのJINS TOP
  2. JINS WEEKLY
  3. ITEM
  4. 数字で見る「Airframe」。JINSを代表する軽量メガネを深掘り!
ITEM

数字で見る「Airframe」。JINSを代表する軽量メガネを深掘り!

2022.08.24

さまざまなメガネが揃うJINSの商品のなかでも高い人気を誇り、JINSを代表する存在ともいえるのが、軽量素材を使って驚きの軽さを実現した「Airframe(エアフレーム)」シリーズです。「JINSといえばAirframe」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。その一方、実際に購入したことがなければ「聞いたことはあるけどよく知らない」という人も少なくないかもしれません。そこで今回はAirframeにフォーカス。歴史や印象的なエピソードを交えつつ、その魅力をご紹介します。




そもそもAirframeって? 数字が語るそのスゴさ!

その1)2009年の誕生以来、累計販売本数は2,200万本!※2022年1月現在

その1)2009年の誕生以来、累計販売本数は2,200万本!

初代Airframe(当時はAir Frame)が発売されたのは2009年9月。スイスの医療機器用素材メーカーが開発した、安全性が高く、超軽量で弾力性・復元力に優れた素材を使用し、日本人の顔や頭をとことん研究して作られました。抜群の軽さと高いフィット感で、それまでにないかけ心地のよさを叶えた「Air Frame」は、またたく間に評判となり大ヒット。「軽量メガネ」という新たなジャンルの先駆けとなりました。以降、改良を重ね、これまでの累計販売本数は2,200万本。世代や性別を問わず多くの方に愛されています。




その2)"驚きの軽さ"を追求し続け、最軽量モデルは4.7g!

その2)驚きの軽さを追求し続け、最軽量モデルは4.7g!

第一弾の最軽量モデルは、デモレンズ(店舗陳列の際に入っているダミーレンズ)が入った状態で約15g。平均的なメガネの重さが35gほどだった当時、その半分以下という驚きの軽さで話題になりました。現在の最軽量モデルは軽量素材とβチタンを組み合わせた「Ultra Light Airframe」シリーズの1品で、4.7g!なんと100円玉(約4.8g)より軽いのです。




その3)ベーシックから個性派までデザイン充実。現在は100型以上を展開!

その3)ベーシックから個性派までデザイン充実。現在は100型以上を展開!

軽さとかけ心地のよさに加え、デザインの豊富さもAirframeの特長。装いやシーンを選ばないベーシックなタイプから、トレンドを意識したタイプ、ファッションブランドなどとのコラボアイテムまで多彩なラインナップです。現在Airframeとして展開されているメガネは100型以上! 色展開も黒やブラウンといった定番カラーに加え、メンズはブルーやグリーン、ウイメンズはピンクやワインなどバリエーション豊富です。




人気上昇中! Airframeの2シリーズ

Ultra Light Airframe

Ultra Light Airframe<

JINS史上最高クラスの「軽さ」と「細さ」を持つシリーズ。長時間使用しても快適な、ストレスフリーなかけ心地を目指しています。withマスクが日常のメガネユーザーにとって、メガネとマスクの併用の負担を軽くするという嬉しい一面も。現在は男性用8型、女性用4型がラインナップ。



[ for MEN ]最軽量クラスのフレームでストレスを軽減

最軽量クラスのフレームでストレスを軽減

リム(メガネを囲む部分)が上部だけの「ハーフリム」タイプは、見た目も非常に軽やか。メンテナンスフリーのネジなし丁番や、鼻パッドを面で当てるシリコンパッドでフィット感を高めた設計など、細部までこだわりが光ります。スクエアタイプの形状はシャープで落ち着いた雰囲気で、幅広い年代に似合います。

Ultra Light Airframe ¥8,800>

[ for WOMEN ]最軽量クラスのフレームでストレスを軽減

最軽量クラスのフレームでストレスを軽減

各パーツを軽量化することで、JINS史上最軽量レベルの軽さを実現。ズレにくさにも配慮し、締め付け感のない快適なかけ心地を目指しています。縦幅のあるオーバルの玉型は、世代を問わずかけられ、視界が広めなのも嬉しい点。ワインやペールピンクなどニュアンスのある色が揃います。

Ultra Light Airframe ¥8,800>




Airframe Hingeless

Airframe Hingeless
Airframe Hingeless

「ヒンジ」とはフレームのフロントとテンプル(つる)を繋ぐパーツ。通常は金属のネジやピンなどが用いられます。「ヒンジレスフレーム」とは、テンプルに弾力性に富んだ素材を使うことで、このパーツをなくしたフレーム。テンプルが曲線状に折りたたまれているのが特徴です。この形状により、かけた時にテンプルが元に戻ろうとする力が働き、頭部を包み込むようにホールド。Airframe史上最高のフィット感を実現しています。現在は男性用4型、女性用4型で展開。



[ for MEN ]"いつものメガネ"感覚で使えるスクエアタイプ

いつものメガネ感覚で使えるスクエアタイプ

ベーシックなスクエアタイプは、形状や厚みの設計にもこだわり、ヒンジレスながら通常のフレームと同様の見た目。複数本メガネをお持ちの方にもおすすめの1本です。シリコン素材を使った差し込みタイプの鼻パッドでフィット感をよりアップ。実際の愛用者からも「とても軽い」「長時間つけていても快適」と高い評価を得ています。

Airframe Hingeless MEN'S SQUARE ¥8,800>

[ for WOMEN ]普段使いに重宝するベーシックデザイン

普段使いに重宝するベーシックデザイン

形もサイズ感もベーシックなボストンタイプは、ヒンジレスながら、一見普通のメガネとほぼ変わらない見た目。かけ心地がよく、広めの視界が取れるため、普段使いに重宝します。ブラウンやブラックなど定番カラー中心の4色展開。

Airframe Hingeless WOMEN'S BOSTON ¥8,800>




Airframeに代表される「軽量メガネ」は、今ではメガネのひとつの"当たり前"として定着しています。その状況から考えると意外なほど、発売当時の「Air Frame」は大きな驚きを持って迎えられた新しいメガネでした。「日経優秀製品・サービス賞」「日経MJ賞」といった数々の賞を受賞し、JINSがより多くの人に知られるきっかけとなるなど、AirframeはJINSにとって特別で大切な存在です。

Airframeは、今後もさらなる「軽さ」と「快適さ」を目指して進化を続けます。ぜひJINSのお店やオンラインショップで、最新のラインナップをチェックしてみてください。

SHARE!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

【Staff credit 】Text:Taemi Suemoto、Illustration:Tokuhiro Kanoh、AD:COLORS

RANKINGランキング

MORE

TOPICS最新記事

MORE