JINS WEEKLY

  1. メガネのJINS TOP
  2. JINS WEEKLY
  3. KNOWLEDGE
  4. マスクをしてメガネが曇る原因と曇らなくする方法
KNOWLEDGE

マスクをしてメガネが曇る原因と曇らなくする方法

2020.03.31

JINS WEEKLY編集部のJ子です。
メガネを着用している時にマスクをすると、レンズが曇ることがあります。
メガネが曇ると仕事がはかどらないし、かといってマスクをはずせない状況の時には、本当に困ってしまいます。何度もメガネを拭くのも大変で、何かよい方法はないのでしょうか。 今回は、マスクでメガネが曇って困っている方に、マスクをつけるとメガネが曇る原因と、その対処法についてご紹介します。





1.マスクでメガネが曇るのを防ぐ方法

マスクをするとメガネが曇ってしまうのを防ぐ方法を、まずはいくつかご紹介します。



マスクの上部を内側に織り込む

マスクの上部を内側に織り込みマスクとレンズの隙間を小さくすると、ある程度メガネが曇るのを軽減できます。
より曇りを軽減したい、あるいは三次元マスクを使用している時などは、織り込んだ場所に少し折ったティッシュを挟んでおくとよいでしょう。
これは警視庁が公開している方法で、ごく簡単なものであるにもかかわらず、効果があり外見上不自然に見えることもないためおすすめです。マスクは外向きに織り込んでも効果がありますので、ぜひお試しください。



曇り止めレンズを使用する

曇りを抑えてくれる機能をもったメガネレンズを使用してみるのも、ひとつの方法です。例えばJINSでは、「くもり止めレンズ」というタイプのものを用意しています。
「くもり止めレンズ」は、レンズに特殊なコーティングを施すことで、レンズの曇りを抑えるのが特徴です。マスクをつけている時はもちろんのこと、雨や多湿といったシーンでも、メガネの曇りを抑えてくれるため安心です。
「くもり止めレンズ」の防曇効果は1〜2年程度ですので、効果が実感できなくなった時には、新しいメガネレンズに交換してもらうようにしてください。



マスクの鼻に当たる部分を波型に折り曲げる

マスクの鼻に当たる部分には、少し硬い金具が入れてあります。この金具はあらゆる鼻の形に合わせるために入れてあるものですが、人によってはマスクが頬から離れて浮いてしまうこともあるようです。
マスクが浮いてしまうと、頬との隙間が空気の通り口になってしまうため、呼吸による空気がメガネに流れ込んでしまい、メガネが曇ることがあります。
そんな時は、マスクの金具を鼻の形に沿って波形に折ると、メガネが曇りにくくなります。金具を波形に折ることによってマスクがフィットし、顔との隙間が埋まってメガネに空気が入りにくくなるためです。この方法も簡単ですので、試してみてください。



曇り止めマスクを利用する

最近では、メガネが曇るのを防いでくれるマスクも登場しています。
曇り止めマスクは、マスクの上部にノーズクッションをつける、鼻に当たる金具をプレートタイプのものにするなどして、できるだけ顔とマスクの隙間を埋める工夫がされているのが特徴です。
マスクと顔との隙間を埋め、メガネに流れ込む呼気を可能な限り減らすことで、メガネの曇りを軽減する仕組みです。
ノーズクッションにウレタンクッションを採用するなど、顔への密着度にこだわった商品も販売されていますので、使いやすいマスクを探してみてください。



曇り止めグッズを活用する

曇り止めマスク以外にも、ジェルやスプレータイプなどさまざまなタイプの曇り止めグッズが販売されています。今使用しているメガネのレンズを曇り止め防止のものに交換することなく、雨や多湿の場所でも快適に使用したい方は、こういったグッズを検討するとよいでしょう。
ジェルタイプの曇り止めは、レンズの両面に少量のジェルをつけて、やわらかい布などを使用して優しく拭いておくだけで効果が出ます。スプレータイプの曇り止めは、レンズ全体にスプレーするだけですので、さらに簡単に使用できます。
しかし、どちらもレンズに埃がついたまま使用してしまうと、埃でレンズを傷つけてしまう恐れがありますので、レンズをあらかじめ水で洗い汚れや埃を落としておくと安心です。
またこれらの曇り止めグッズは、効果の持続性に限りがあります。効果が切れたら再度塗布するようにしてください。



2.マスクでメガネが曇る原因

マスクをしたまま呼吸をすると、マスクと顔との間にできたスペースから、息に含まれた水蒸気が流れだします。息と外気の温度差が大きい場合、水蒸気が冷えて水に戻り、レンズに水滴となってついてしまうのが、メガネが曇る原因です。
呼吸で生じた水蒸気でメガネが曇るのを防ぐためには、先ほどもご紹介した通り、マスクと顔の間にできるスペースをできる限り埋める、曇り止めグッズを活用するなど工夫をしましょう。



3.メガネとマスクで耳が痛いときの対策

私も何度も経験していますが、メガネとマスクをしていると耳が痛くなったことがある方も多いのではないでしょうか。実は、こうしたマスクによる耳の痛みは、簡単な方法で軽減することができます。
マスクの左右の耳掛けゴムの部分を、輪ゴムやクリップを使用してマスクが輪となるように繋げると、マスクを耳にひっかけるのではなく頭の後ろで固定して使えるようになります。
たったこれだけで、耳の痛みを解消することができます。
またマスクを購入する時には、自分の顔の大きさに合ったマスクや、耳かけゴムの幅が広く作られているマスクを選ぶようにすると、耳が痛くなりにくいのでおすすめです。



4.まとめ

普段からメガネをかけている方なら、メガネが曇って困った経験が、何度もあると思います。今はさまざまなメガネの曇り対策グッズが発売されていますので、まずはこうした曇り対策を実践してみてください。
JINSの「くもり止めレンズ」に交換するのも、メガネの曇り対策にはおすすめです。レンズ交換についての相談には随時対応していますので、気になる方は最寄りのJINS店舗に足を運んでみてください。



JINS 渋谷店 スタッフ 宮城 瑞希さん

JINS WEEKLY 編集部J子
JINS歴10年。メガネ保有数45本のメガネフリーク。現在はAirframeシリーズを愛用中。




SHARE!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

RANKINGランキング

MORE

TOPICS最新記事

MORE