JINS WEEKLY

  1. メガネのJINS TOP
  2. JINS WEEKLY
  3. KNOWLEDGE
  4. 目元ケアの決定版!気をつけたい習慣とアンチエイジング法
KNOWLEDGE

目元ケアの決定版!気をつけたい習慣とアンチエイジング法

2020.07.01

JINS WEEKLY編集部のJ子です。
目元のトラブルの大きな原因は乾燥といいますが、ほかにはどんな原因が考えられるのでしょうか。
今回は、目元のトラブルの原因と、目元のアンチエイジングのために今からできる工夫をご紹介していきます。
私も、年齢的に目元の小じわやたるみが気になり様々なケアをしているので、少しでも参考になれば幸いです。





1.目元ケアは3つのNG習慣解消から!

そもそも目元のシワやたるみなどのトラブルの原因は、「乾燥」「紫外線」、そして「外部刺激」の3つが原因とされています。目元のシワなどが気になるのであれば、この3つの問題を解消することが大事になってきます。
まずは、それぞれどういった問題があるのかを詳しく確認しておきましょう。



乾燥させない

目元のシワのもっとも大きな原因は、乾燥といわれています。そのため目元ケアの基本は、乾燥対策から始まるといっても良いでしょう。ただ、顔のなかでも、目の周りは特に乾燥しやすいといわれています。
それは眼の周りは皮膚が薄く、貯蔵できる水分量が少ないためです。また目元に潤いをもたらす皮脂の分泌量が、少ないことも理由として挙げられるでしょう。
そのため、目元のシワやたるみなどが気になる場合は、顔とは別に目元が乾燥しない工夫をすることが必要です。



紫外線に気をつける

日焼けの原因になる紫外線は、顔に浴びるとシミやシワ、たるみの原因になります。
紫外線対策と聞くと、顔や体などの日焼けばかりが気になりますが、目元のシミやシワなどのトラブルを防ぐためには、目の周りの紫外線を防ぐ工夫もしなければなりません。



ゴシゴシ・まとめてのメイク落としはNG

目元への物理的な直接の刺激も、シワやシミ、たるみなどを引き起こします。そのため時短や面倒だからという理由で、顔全体のメイクをまとめて落とすのはよくありません。
特に目元のメイクはどうしても落ちにくいことから、ついつい力が入ってしまいがちです。
さらにラメ系のメイクを使用していると、肌を傷める可能性があります。
メイクを落とすときにこすらないように注意しましょう。



2.目元のケア方法

ここからは、具体的な目元のケア方法をご紹介します。シワやシミなどの目元のトラブルを防ぐために、適切なケアを取り入れましょう。



まずは規則正しい生活

きちんとした食事と睡眠をとることは、目元ケアだけにかかわらず、美容と健康において基本です。
なにかと忙しい現代人には、規則正しい生活を送ることはなかなか難しいかもしれませんが、あきらめずにできることを、できるタイミングでするように心がけましょう。



目元の保湿

目元の保湿については、正しいスキンケアを行っていれば、基本的に問題はありません。化粧水や乳液、クリームなどを使用して、顔全体をしっかり保湿するようにしましょう。後ほど詳しくご紹介しますが、時間があるときは目元専用のケアも行いましょう。
また、目元を含む肌の保湿というとスキンケアに注目しがちですが、部屋の湿度を60-70%に保つ、エアコンの使用を控えるなど、空気の乾燥にも気をつけましょう。手軽にできる部屋の乾燥対策としては、加湿器を使うのも有効です。



日焼け止め+サングラスで紫外線をカット

目元の紫外線対策には、日焼け止めクリームなどを塗ることが基本ですが、それに加えてUVカット機能の付いたサングラスを使うとより安心です。
目元に限った話ではありませんが、紫外線は眼から入るだけでもシミの原因になるため、サングラスで紫外線が眼に入ることを防ぐのは効果的です。
また、髪の毛や頭皮の日焼け防止のためにつばの長い帽子をかぶったり日傘をさしたりすることは、結果的に目元に陰をつくるため、目元の紫外線対策につながります。



目元は専用のメイク落としを使う

目元のメイクはどうしても落ちにくいため、ゴシゴシとこすってしまいがちです。目元への過度の刺激を避けるためにも、専用のメイク落としを使うことがおすすめです。
目元のメイクを落とす際には、まず肌への負担が少ない水性と油性の2層タイプの専用クレンジングをコットンに含ませ、アイメイクとよくなじませてから、上から下にすべらせるようにして拭き取ると良いでしょう。



アイクリーム・アイマスクで悩みを解消

目元のシワなどのトラブルを防ぐには、アイクリームを使用してケアすることが効果的です。アイクリームには保湿効果に加え、ヒアルロン酸によってたるみを抑えてくれるものもあります。
アイクリームを使用するときには、目尻のシワの間などにもしっかり塗り込むことが基本ですが、商品ごとにおすすめの使用方法があるため、使用する前にきちんと確認しておきましょう。
また、アイマスクを使って、目元の血行を改善することも、目元ケアには効果的です。



パックやマッサージで集中ケア

目元のシワやたるみが気になるときには、フェイスパックや目元専用パックを週に数回使用して、集中的にケアすることもおすすめです。とくにデート前など、特別な予定があるときに使用するとよいでしょう。
またクリームを使用して、目元をマッサージするのもおすすめの目元ケアです。ただし、マッサージは間違った方法で行ったり、やりすぎたりすると、シワやたるみにつながるため注意しましょう。



3.目元ケアはスピードが大事

これはスキンケア全般に当てはまることですが、目元ケアもスピードが大事です。理想としては、目元のシワなどが気になりだす前から対策することですが、気になったタイミングですぐに実践するようにしましょう。
目元ケアについては、手遅れだとあきらめる必要はなく、日ごろからケアをきちんとすることで化粧ノリも変わり、メイクでカバーもしやすくなります。
目元ケアはすぐには効果が実感できなくても、続けていく内にすこしずつ効果が現れてくるため、根気よく続けましょう。



4.まとめ

目元のシミやシワ、そしてたるみが気になるときには、乾燥や紫外線などの原因に対して適切な対策をすることが大切です。目元が気になるなと思ったときには、すぐにケアを始めましょう。
JINSでも紫外線をカットするサングラスを取りそろえていますので、目元が気になる方はぜひお立ち寄りください。



JINS 渋谷店 スタッフ

JINS WEEKLY 編集部J子
JINS歴10年。メガネ保有数45本のメガネフリーク。現在はAirframeシリーズを愛用中。




SHARE!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

RANKINGランキング

MORE

TOPICS最新記事

MORE